大阪市西区新町にある居酒屋 新鮮処ととろ 旬の食材と地酒をご用意し、年中無休で皆様のお越しをお待ちしております

大阪市西区新町の居酒屋は新鮮処ととろ



期間限定!

キャンペーン

ただいま夏限定酒を中心に
この時季の食べ物に合うお酒をご用意しております






新入荷のお酒

新入荷のお酒

新入荷のお酒
















≪重要なお知らせ≫

平素よりご愛顧賜りまして、
誠にありがとうございます。


緊急事態宣言に伴い長期臨時休業をしておりましたが、
6月1日(月)より営業再開いたします。

営業再開後は感染防止対策に努め、
お客様方に少しでも安心して
ご利用いただけるように努めてまいります。


ステッカー



感染防止対策や休業期間中のボトルキープ等、
詳細につきましては【お知らせ】ページに記載しております。





カレンダー

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
             
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
… お席に余裕があります
… 空席わずかです
… 満席です
… 休業日

地酒

地酒

当店では季節ごとに
全国より様々な銘柄の地酒を
厳選して仕入れております。
小さな蔵元のお酒や、珍しいお酒など、
銘酒をご提供できるよう努めております。

※表示価格は税抜価格です
お支払いは現金のみ対応しております




≪ただいま入荷中の地酒≫
2020年9月30日 更新
地酒がお得キャンペーン継続中です!

たてやま キャンペーン実施中!
富山県の地酒

立山(たてやま)
本醸造酒
グラス 750円⇒500円
まなつる キャンペーン実施中!
宮城県の地酒

真鶴(まなつる)
山廃 辛口 特別純米
グラス 750円⇒500円
きれいまんねん NEW!
キャンペーン実施中!
広島県の地酒

亀齢萬年
(きれいまんねん)
純米六拾
グラス 800円⇒530円
たついずみ NEW!
キャンペーン実施中!
福島県の地酒

辰泉(たついずみ)
純米酒 秋上がり
グラス 800円⇒530円
こくりゅう NEW!
キャンペーン実施中!
福井県の地酒

黒龍(こくりゅう)
吟醸 ひやおろし 原酒
グラス 800円⇒530円
ぱるふぇ キャンペーン実施中!
福岡県の果実酒

若波(わかなみ)
ぱるふぇ レアカシス梅酒
グラス 800円⇒530円
きくのはなはる NEW!
キャンペーン実施中!
福島県の地酒

菊の花春
(きくのはなはる)
純米吟醸 1回火入れ
グラス 850円⇒560円
あいづちゅうじょう キャンペーン実施中!
福島県の地酒

会津中将
(あいづちゅうじょう)
特別純米ひやおろし
グラス 850円⇒560円
てんぽういち キャンペーン実施中!
広島県の地酒

天寶一(てんぽういち)
純米吟醸
特別栽培米八反錦
秋上がり 冷詰
グラス 850円⇒560円
あいづりゅうがさわ キャンペーン実施中!
福島県の地酒

會津龍が沢
(あいづりゅうがさわ)
純米大吟醸 滓がらみ
生原酒
グラス 900円⇒600円
けんこんいち キャンペーン実施中!
宮城県の地酒

乾坤一(けんこんいち)
純米吟醸 山田錦
一回火入れ ひやおろし
グラス 900円⇒600円
ほうおうびでん キャンペーン実施中!
栃木県の地酒

鳳凰美田
(ほうおうびでん)
純米吟醸 山田錦
ひやおろし
グラス 900円⇒600円
ゆめのつぎ NEW!
キャンペーン実施中!
福島県の地酒

ゆめのつぎ
純米吟醸一回火入れ
うすにごり
グラス 950円⇒630円
まつのつかさ NEW!
キャンペーン実施中!
滋賀県の地酒

松の司(まつのつかさ)
2018純米吟醸
ひやおろし
グラス 1000円⇒670円
おぜのゆきどけ キャンペーン実施中!
群馬県の地酒

尾瀬の雪どけ
(おぜのゆきどけ)
純米大吟醸 山田錦
ひやおろし
グラス 1000円⇒670円




地酒のご紹介

RSS

【再試飲】その後のお酒④

カテゴリ : その他
こんばんは。
ご覧くださりありがとうございます。

今日も寒くなくて良いですね。
まだ虫もそんなに気にならないですし、
換気しやすくて助かります。

空気は乾燥していますね。

鼻や喉も乾燥すると弱くなると聞くので、
気をつけなければいけませんね。




本題に入りまして、
今回も二度目のテイスティングのご報告。

今回は風が吹くと永寶屋、
どちらも会津の地酒です。



それで一本目のお酒です。。。


風が吹く


風が吹く(かぜがふく)
純米吟醸生酒 うすにごり 中取り
  福島県:白井酒造店のお酒
  日本酒度:+4  酸度:1、4


入荷日は3月6日(金)でした。
開栓直後のご紹介記事はこちらです。

華やかだった香りは落ち着いています。

パッと華やぐ時代を過ぎ、
今はおしとやかです。


福島県の地酒


舌に絡まるようだった柔らかい甘味は、
質感はそれほど変わらず、
綺麗ではちみつのような濃厚な甘味です。

ここから苦味が出てきていましたが、
少し変わって、
すぐに辛さが押し寄せてきます。

三月上旬よりも
力強く、勢いのある味わい。

辛さも
パワー&ボリュームアップしていて、
まん丸で全体的に柔らかいですが、
しっかりとしたスパイシーさがあって、
味にメリハリがあります。


ハチミツのようなコクと柔らかさ


50%精米ですが、
その綺麗さも兼ね備えていて、
雑味がありません。

そこに今は、
さらにジューシーな味がのっています。


精米歩合50%


喉越しもキッチリ辛口。

喉を通るときに
アルコール度数の高さを少し感じるものの、
その後は一転してカラッとしています。


白井酒造店さんのお酒


後味は気持ちが良いタイプなので、
重たさなく、味わいながら
飲み進めていただけると思います。

個人的には、
グラスに注いで冷たい状態が好みですが、
少し時間が経って常温に近くなると、
さらにボリューミーに濃厚になります。


製造元


造っておられる白井酒造店さんは、
1765年が創業だと伝えられている
古い酒蔵さんです。

当店でも何度も仕入れている
萬代芳も造っておられます。

お米への思い入れが強い印象があり、
実際、契約栽培・有機栽培など、
こだわりを感じます。

これは、
地元産のお米を使って
お酒造りとしたいと思われたときに、
地元で酒米を作ってくださる農家さんが
少なく、直接契約でお願いすれば
作ってもらえるのではないかという
考えから始まったからだそうで、
こちらのお酒にも契約有機栽培の
酒米 五百万石が使用されています。

地元で愛される萬代芳の
本醸造は父が大好きな銘柄で、
飲み飽きせず、食事を引き立てます。

少し外向きに造られている風が吹くには、
もう少し華やかさがプラスされている
イメージを持っています。

多数の銘柄を仕入れたことがありますが、
いずれも旨味の芯がきちんとあって、
お好みを尋ねつつも、おすすめしやすく、
気に入っていただける確率が高いので、
とても頼りがいのあるお酒です。




もう一本のお酒です。。。


えいほうや


永寶屋(えいほうや)
辛口純米 八反錦 生酒
  福島県:鶴乃江酒造のお酒
  日本酒度:+6  酸度:1、2


お馴染みの鶴乃江さんの屋号のお酒
永寶屋。

今回の緑色の純米酒の他、
紫色の純米吟醸酒を仕入れることもあり、
生酒・火入れ酒どちらも
おいしいシリーズです。


鶴之江酒造さんのお酒


入荷日は2月25日(火)。
開栓直後のご紹介記事はこちらです。

辛口で旨味もあるお酒がお好みのお客さまに
よくおすすめするので、

これまでに何度も仕入れていますが、
ここまで残るのは未だかつて初めて。

使用米は広島県産八反錦で、
精米歩合は60%です。


辛口純米酒


甘味を含んだ味わい深そうで
フルーティーな香りは、
程よい酸味と旨味を感じる香りに。

花の蜜のような透明感がある
滑らかだった甘味は、
現在は甘酸っぱく、
辛さとのハーモニーが絶妙です。

味と共に、
お口の中で芳醇な香りが広がります。

『辛口純米』納得の辛口。
それに負けない旨味を携えた味わい。

まろやかですが、パワフル。


味がノリノリ


前回・前々回くらいの永寶屋は
例年よりも日本酒度の値が高く+8でした。

そのときに召し上がったお客さまも
ご覧くださっているかと思いますが、
それはそれでおいしかったですよね。

今回はいつもの+6。
早い段階で辛さを感じましたが、
特に後半~終盤にかけては
主役に躍り出ます。

旨味あり・辛味ありで、
まるでそれぞれの良いところが
切磋琢磨しているかのように
レベルが高いです。

綺麗なキレ。
お米らしい甘味が少し残ります。

幅広い方におすすめしたい
味のある辛口の食中酒です。


いつもおいしい


蔵元の鶴乃江酒造さんは、
創業は1794年。

受賞歴も多く、永寶屋の他、
ゆり、会津中将でも有名です。

鶴乃江さんの他のシリーズでは、
夢の香や五百万石、美山錦、
タカネミノリなど、
地元産の酒米を多く使っておられますが、
この永寶屋は福島県産のお米にこだわらず、
様々なお米と鶴乃江さんの技術を融合し、
新しいお酒造りが実現されたものです。

鶴乃江さんらしいカラーは保ちつつ、
会津中将は、
ぽっちゃりとした女性のイメージ、
永寶屋は細マッチョな男性のイメージで、
趣が異なる良さをお持ちです。


お好きなお酒がきっと見つかる
素敵な酒蔵さん。

麹の力でしょうか?
抜群に美肌のゆりさん、
ひまわりのような笑顔の向井さん。
ご夫婦も素敵です。





今回は風が吹くと永寶屋を
ご紹介いたしました。

どちらも奥深く、
嬉しい成長を見せてくれています。


次回はついに
再試飲の最終回。

白露垂珠と酒屋八兵衛を
ご紹介いたします。
2020-04-21 17:41:00

お店情報

店先



■  営業時間
18:00 ~ 24:00
(閉店時間は目安です)
ラストオーダー23:00

■  定休日
無休(臨時休業あり)

■  お支払い
現金のみ

■  TEL
06-6539-7216

■  住所
大阪府大阪市西区新町 2-17-10(地図)

■Facebook
新鮮処ととろ